お腹痩せでくびれ作り

お腹痩せをしてくびれを作る

お腹痩せ,くびれ,方法,エクスレーヴ

 

ウエストの引き締まった身体を作るには、筋トレの腹筋だけをしていてもだめです。くびれを作るには、脇腹を引き締める必要があります。お腹の正面ではなくて、横側をしっかりと鍛える事で美しいボディラインが出来ます。

 

やり方は仰向けに寝て、手は両脇に真っ直ぐに広げて背中をしっかりと床に付けます。両足を揃えて天井に向けて上げて、息を吸いながら両足を揃えたまま、右に膝が曲がらないように真っ直ぐに足を伸ばして地面すれすれで止めます。

 

この時に息を吐きながら行うと、効果的です。初めて行う人は辛いですが、効果は抜群です。このエクササイズはストレッチを兼ねているので、終わった後に身体全体がスッキリとして脇腹が引き締まった気分になります。

 

どこでも出来るので、毎日続けて理想のくびれを作りましょう。腹筋を鍛えた後に有酸素運動を行うとより効果的なので、ウォーキングやジョギング等を行うのがおすすめです。

 

腹筋にも色々なやり方があるので、複数のトレーニング方法を組み合わせるのもお勧めです。お腹のお肉を意識しながら腹筋を鍛えると、効率良くくびれを作る事が出来ます。くびれで1番重要なのは、捻りを入れた運動を行う事です。

 

腹筋以外にも、食べる時にはしっかりと食べて、食べ過ぎた時は後でプチ断食を行いましょう。

オチョダイエットでくびれが出来る

お腹痩せ,くびれ,方法,エクスレーヴ

 

オチョダイエットとは、アルゼンチンタンゴのステップを基調にしているダイエット法です。8の字をスペイン語でオチョと呼んでいて、腰を8の字のようにくねらせて行うダイエットになります。オチョダイエットは腰を良く動かす方法なので、全体的に痩せる事が可能ですが、特に腰回りが良く動くので痩せやすいです。

 

お腹と腰回りを痩せてくびれを作っていくようにしている人は多いですが、お腹が痩せてもくびれが出来ない人が多いです。

 

オチョダイエットのやり方は、左の腰を斜め前に突き出すようにして、その突き出した腰を後ろに回して、次に右の腰を斜め前に突き出すようにします。最後に突き出した腰を後ろに回すようにして、最初の左腰を前に出すようにするとオチョの動きが出来るようになります。

 

この動きを8回セットにして、1日8セット行うと効果的です。5分程度で出来るので、時間がない人でも手軽に行える方法です。

 

お腹痩せは意外と難しいですが、オチョダイエットでお腹痩せを実現できます。8の字を描くので筋肉を大きく捩じるので、お腹周囲の脂肪を効率良く急速に燃焼させます。筋肉が足りなくて垂れ下がった脂肪は、継続する事で燃焼させることができます。

 

また、筋肉の衰えからきたたるみも改善出来ます。オチョダイエットを行うことで、スリムで引き締まったボディを手に入れられるようになります。

お腹出ているのを引っ込めてくびれを作る

お腹痩せ,くびれ,方法,エクスレーヴ

 

ぽっこりとしたお腹を凹ませてウエストをくびれさせるには、お腹に効くエクササイズを集中的に行う必要があります。

 

ウエスト捻りストレッチは、身体を伸ばして筋肉のコリを解いて、血流を良くして脂肪燃焼効果を上げる事が出来るストレッチです。やり方は足を肩幅に開いて立って、手を胸の前でクロスさせていきます。身体の軸をずらさないようにして、上半身をゆっくりと捻っていきます。左右10回を1セットにして、1日2.3セットを目安にして行います。

 

また、足上げ腹筋は、短期間でお腹の筋肉を鍛えて、ぽっこりお腹を解消するのに効果的です。やり方は仰向けに寝て、足を揃えて伸ばしたまま床から数センチ浮かせて数秒間止めます。そのまま足を45度上げて、お腹に力を入れてそのまま、ゆっくり足を下します。

 

10から15回をセットにして、起床時と就寝前等に1日2.3セット行いましょう。

 

下腹強化筋トレは、下腹を効率的に鍛えるのに効果的な筋トレです。やり方は、仰向けに寝て、手は身体の横に置きます。足を床から30センチ上げて留めて、10秒キープしたら足をゆっくりと下していきます。慣れてきたらキープをする時間を長くしていき、お腹にしっかりと力を入れます。

 

これを3セット繰り返し行いましょう。

簡単に出来るくびれの方法

お腹痩せ,くびれ,方法,エクスレーヴ

 

肋骨から骨盤にかけてくびれて欲しい部分には、取り囲むような骨はありません。無防備な所なので、お腹周りにはとても大切な臓器が集まっています。なので、この部分を筋肉で守る事が出来ないと、脂肪が集まってしまいます。

 

そこで、筋肉を刺激して脂肪を付きにくくすると、くびれが出来やすくなります。ウエストのくびれを作るには、お腹の筋肉を鍛える事が必要ですが、毎日ハードな腹筋を行ってもくびれは出来ません。腹筋はお腹の前面にしか効果がないので、くびれに肝心な脇腹や背中の筋肉には効かないのです。

 

くびれは360度どの角度から見ても肋骨から腰にかけてカーブを描いている事が理想で、腹筋だけでは綺麗なくびれが出来ません。座っている時に姿勢が悪いと、お腹にお肉が溜まってしまいます。お腹周りは脂肪が付きやすい条件が揃っているので、日頃から姿勢を意識的に良くする必要があります。

 

正しい姿勢は背中を伸ばす事だけではなく、胸を張る事でもなく、肩を開く事です。肩を少し開くようにして保ち、その姿勢がきつく感じる人は姿勢がかなり悪いと言えます。

エクスレーヴ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへ骨盤の歪みに悩みを抱えている方、骨盤矯正をして痩せたい方はトップページでエクスレーヴ骨盤ショーツについても確認してみてください。