骨盤ショーツ きつい 対処法

骨盤ショーツがきつい時の対処法とは?

 

骨盤ショーツ,きつい,対処法

 

骨盤ショーツを履いてきついと感じた時の対処法は、サイズが小さ過ぎるためサイズをきちんと測って購入し直す事です。

 

サイズが合っていないと、きちんと効果を得れなくもなります。

 

骨盤ショーツは普通のショーツに比べると締め付けがある分、少しきつめに出来ています。

 

このため、普段のサイズより少し大きめのサイズを選ぶと良いです。

 

普段Mサイズを履いている人は、Lサイズを選びます。

 

Mサイズよりも小さいサイズを選ぶのは控えます。

 

Lサイズよりも大きいサイズも控えます。

 

Mサイズよりも小さいときつく感じて、Lサイズよりも大きいと緩く感じます。

 

また締め付け感がきつ過ぎないものを選ぶのも大切で、骨盤ショーツは1日中着けているものです。

 

きつい骨盤ショーツを無理に履いていると、血液やリンパの流れも悪くさせてしまいます。

 

これによって、むくみや冷え性の原因になってしまいます。

 

更に骨盤ショーツを着けていない部分の体の歪みの原因にも繋がるため、絶対に気を付けます。

 

骨盤ショーツを選ぶ時には、適度な伸縮性がないと骨盤をしっかりと保護出来ないです。

 

伸縮性があると骨盤をしっかりとサポートして、締め過ぎる事がなくなりきつい感じがなくなります。

骨盤ショーツが食い込む時の対処法

 

骨盤ショーツ,きつい,対処法

 

骨盤ショーツが食い込む原因は、サイズが合っていないためです。

 

適正サイズよりも小さいサイズを履いていると、お尻の動きをカバー出来なくなり徐々にずり上がってきます。

 

そしてお尻のお肉に食い込んで、二段尻になってしまいます。

 

この状態を放置していると、食い込みのラインが定着してしまい肌の黒ずみが出来てしまう事があります。

 

美尻をキープするには、小さい骨盤ショーツを履くのは厳禁です。

 

適正サイズよりも大きい骨盤ショーツも、お尻の形を崩してしまう原因になります。

 

お尻のお肉をサポート出来なくなり、垂れやすくなります。

 

大は小を兼ねるは、骨盤ショーツには当てはまらないです。

 

また骨盤ショーツの履き方にもコツがあり、骨盤ショーツを履いたらお尻のお肉がきちんと骨盤ショーツの中に収まるようにして手で整えてあげます。

 

この一手間で食い込みを防止出来て、綺麗なシルエットになります。

 

適正な骨盤ショーツのサイズを選ぶには、服のサイズと同じサイズを選んではいけないです。

 

骨盤ショーツと服のサイズは必ず同じではなく、適正サイズを選ぶにはお尻のサイズをきちんと測ります。

 

自分のお尻のサイズを把握して、自分に合った食い込まない骨盤ショーツを選びます。

骨盤ショーツの腰痛への効果

 

骨盤ショーツ,きつい,対処法

 

骨盤ショーツは履く事で、骨盤を適正な位置に戻す効果があります。

 

骨盤の位置は上半身と下半身の中心にあって、体の中心にある骨盤が歪むと上半身の背骨も歪みに引っ張られて同じように歪んでしまいます。

 

上半身の姿勢が悪くなり、猫背になってしまいます。

 

骨盤ショーツを履くと、骨盤の位置が変わり上半身の背骨も同じような適正な位置に戻り姿勢の改善に効果があります。

 

姿勢が改善されると、腰痛も同時に解消されます。

 

骨盤が歪んでいる事で、腰に直接負担がかかって腰痛を引き起こします。

 

腰骨は骨盤ととても近い部分であるため、腰痛持ちの人は早く骨盤矯正を行う必要があります。

 

また骨盤が歪んでいると、筋力が低下するため体内の血流が悪くなります。

 

その結果として、筋肉が強張って腰痛の原因になります。

 

血流を良くするためにも、骨盤ショーツは効果的です。

 

腰痛の改善効果を得るには、自分の身体に合ったものを選びます。

 

着圧や素材や付け心地や触り心地等あらゆる角度からチェックをして、長く着用出来るものを選びます。

 

普通のショーツとは異なり腰痛を改善するのに履くため、締め付け過ぎない適度な着圧のものがおすすめです。

 

即効性はないが、毎日履き続けていくと腰痛を解消出来ます。

骨盤ショーツで下痢が解消される影響

 

骨盤ショーツ,きつい,対処法

 

骨盤ショーツで骨盤を締め付けると、下痢が解消されます。

 

骨盤は体の骨の中で、最も重要な部分です。

 

それは体の中央にあって、上肢と下肢を支えているためです。

 

骨盤が開いて緩んだ状態になっていると、支えを失った腸が下垂して腸の働きが悪くなります。

 

その結果下痢という腸内環境の悪化を招きます。

 

また内臓の働きが低下すると、冷え性の原因にも繋がります。

 

特に女性は妊娠や出産を機に下痢に悩まされる事が多く、この時は腸の動きが鈍くなっています。

 

これによって、下痢を引き起こしてしまいます。

 

病院を受診しても原因が分からなかったりして下痢が続く場合は、骨盤の歪みが原因の場合もあります。

 

骨盤の歪みだけではなくて、姿勢が悪くても下痢になる事もあります。

 

骨盤ショーツを履くと姿勢を改善する事が出来るため、下痢も解消出来ます。

 

これは血流が悪くなる事で、体が冷えを招くためです。

 

姿勢が良くなると、骨盤の歪みを最小限に出来ます。

 

猫背気味の人は、普段から姿勢を良くする意識をします。

 

また腸の働きが悪いと、腰痛になる事もあります。

 

腸内環境を整えると、腰痛が解消される場合もあります。

 

骨盤ショーツは履くだけで良いため、毎日履いて下痢に悩まされている人は解消していきます。

エクスレーヴ骨盤ショーツの通販購入はこちら!トップページへモデルのスリムなくびれを目指したい方、産後太りを元に戻したい方は、トップページでエクスレーヴ骨盤ショーツの詳細をチェックしてみてください。